カードローンで土日でも即日キャッシングする方法

 

カードローンでのキャッシングは土日でも即日で利用することができますが、平日にはない制限があります。

まず、平日と同様に審査結果の早い会社を選ぶ必要があります。

インターネットから申し込みを行うのが手軽ですが、注意しなければならないのが審査を行っている時間です。

 

申し込みの受け付け自体はインターネットで行えば24時間していますが、審査の時間が平日よりも短くなっており、遅い時間に申し込むと間に合わなくなる可能性があるので、できるだけ早めに申し込むと良いでしょう。

銀行によってはすぐにお金を引き出すことができない

 

カードローン審査に通ればキャッシングを利用できるようになりますが、ここにも平日にはない問題点があります。

 

一般的な銀行は平日しか営業していないため、銀行振り込みを希望しても翌営業日まで待たされてしまうことになります。

しかし、どの銀行でも対応していないわけではなく、インターネット専業銀行などはメンテナンス時間を除いて24時間年中無休で対応していることがあります。

これを利用する場合、その銀行を振り込み先として指定できることを確認してから申し込みましょう。

 

振り込みを希望しない場合はローンカードを使ってATMからお金を引き出しますが、カードは即日で届くものではないので受け取りに行く必要があります。

このとき、店舗は平日しか営業していないことが多く、主に無人契約機に取りに行くことになるので利用できる場所が少なくなります。

 

営業時間についても平日と比べると短くなっている場合が多いので、どこに何時までに取りに行けば良いのか確認しておかなければなりません。

審査に時間がかかることもある

 

これは平日に即日キャッシングする場合も同様のことですが、審査にかかる時間は目安であり、最短30分としているものでも実際にはそれ以上の時間がかかることもあるので、短縮できるように工夫も必要になります

時間がかかる原因として順番待ちがあります。

先に申し込んだ人がいると、何もしなければ自分の順番が来るまで待たされます。

 

そのため、申し込みをした後に電話連絡が来るのを待っているのではなく、自分でコールセンターに電話をして緊急でお金が必要なので審査の順番を優先してもらえないか相談します。

あまり返済能力が高くない人が高い限度額を希望したような場合にも、その人に融資を認めても良いのかすぐに結論が出ずに時間がかかってしまう要因になります。

 

これを避けるため、希望する限度額はそのときに必要としている最小限度にしておくと、融資を認められやすくなるので審査がスムーズに進むようになります。

職場によっては在籍確認が行えないこともある

 

カードローンを土日に申し込む際に考慮しなければならない審査に職場への在籍確認があります。

無職でも利用を認めているような一部の銀行では在籍確認を省略できることがありますが、基本的には本当に収入を得ているのか確認するために職場に電話がかかってきます。

 

サービス業などで土日でも会社に人がいる場合であれば考慮は必要ありませんが、平日しか人がいないような会社では電話をしても応答できる人がいないため、在籍していることを確認できません。

何も申し出をしていなければ会社の翌営業日になって在籍確認ができるまで審査結果が出なくなってしまうので、コールセンターから申し込み内容の確認等の電話がかかってきたときに、会社へ電話しても誰も応答できないので他の方法にできないか相談しましょう。

 

直近一か月分の給与明細や社員証のコピーを書類として提出すれば電話での在籍確認の代用にしてもらえる場合があります。

なお、この方法は利用するための条件があり、希望限度額が50万円以内でなければなりません。

これを超えると審査が厳しくなるので電話での確認が必須になります。

 

他の方法として、限度額を10万円にして融資を認め、在籍確認が終わってからその人の返済能力に合わせて限度額を設定し直すことがあります。

いずれの場合も全ての会社が柔軟な対応をしているとは限らないので、口コミで土日に即日キャッシングできると言われているところに申し込むようにしましょう。

悪徳業者に引っかかる可能性もある

 

土日に即日キャッシングする際に最も注意しなければならないのが悪徳業者に騙されることです。

急ぐあまり、誰にでも無審査で融資できるというような宣伝に釣られ、その業者のことをよく確認もせずに申し込んでしまうと法外な金利で借りることになり、返済の負担が大きくなります。

危険な業者ばかりではありませんが、有名ではない金融業者を利用する場合には安全性をよく確認しておかなければなりません。

 

土日に即日キャッシングできると言っても、緊急でお金が必要になることが分かってから利用する金融業者を比較したり、申し込みに必要な書類を用意していると時間がかかるので間に合わなくなる可能性もあります。

この対策としては、緊急時にすぐに申し込みができるように事前にどこが良いのか情報を集め、書類も用意しておくか、お金を借りるつもりがなくても契約だけ済ませておき、いつでも借りられるようにしておいても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です